店長ブログ

店長ブログ

2016年02月09日

湯西川温泉 

湯西川温泉に行ってきました。ふるさと旅行割です。4万円以上の利用で2万円引きです。でも、節約のために今回も下道です。平家落ち武者の里、「湯西川温泉」よかったですよ。なんと言っても雰囲気がすごくいいんですよね。派手さがなくて、落ち着いた感じで。今もやっていますが、「かまくら祭り」も幻想的でよかったです。そして今回泊まらせていただいた「本家 伴久」350年以上前の古民家を再利用してるらしいです。ロビーも部屋もとてもよかったです。そして、晩御飯はなんと吊り橋を渡って食事処に行くんですよ。囲炉裏会席も味、見た目、雰囲気共にとてもよかったです。湯西川温泉、とてもお勧めです。
at 18時44分 | コメント(0)

2016年01月26日

中禅寺湖・奥日光湯元温泉

やっと、念願の雪見露天風呂に入ってきました!ここのところの寒さと降雪でどこも雪がいっぱいらしいと言うことで、年末年始に叶わなかった雪を見ながら露天風呂に入りに奥日光に行ってきました。日帰りで行けて、雪が多くて、温泉が白い、この条件を満たす中から奥日光をチョイスしました。朝、5時前に出て全部下道で行ったのですが、日光が近づくにつれてだんだんと雪が増えていきます。足尾銅山で有名な足尾に着いた頃には山の北斜面は雪!自然と顔がにやけます。予定では中禅寺温泉で入る予定だったのですが、予定していたホテルの日帰り入浴は午後3時からですと言われてしまい、急きょ予定変更。スマホで調べて出ていた写真で奥日光湯元温泉の「休暇村 日光湯元」に行くことにしました。途中の戦場ヶ原や湯ノ湖は雪景色でとてもきれいでした。そして温泉ですが湯元に近づくとほんのり硫黄の香りがします。期待で胸が高鳴ります。個々のホテルの温泉は脱衣所から内湯スペースに足を踏み入れると湯気で真っ白。どこに湯船があるのかも分らないくらいです。内湯の温泉はやや透明でグリーンです。露天はその温泉が空気に触れて真っ白になります。白い温泉に入りながら雪に覆われた庭を見ていると日本ていいなって思います。日頃のストレスが温泉の湯気と一緒に消えて行きました。温泉に浸かって熱くなったら上半身を湯船から出すだけでまたすぐに冷えてくるので、また湯船に肩まで浸かります。何度も出たり入ったりを繰り返して温泉を満喫してきました。やっぱり雪を見ながらの露天風呂は最高です。
at 18時19分 | コメント(0)

2016年01月12日

真田丸

NHK大河ドラマ「真田丸」見ました?面白かったですね。久しぶりに見た草刈雅夫の演技もよかったですし、それ以外の俳優さんたちもいい役者さんが揃ってますね。主演の堺雅人さんの演技がちょっとだけ気になっちゃいましたけど。。。真田幸村を選んだのも良かったと思います。ここ数年女性の間にも歴史好きな方が増え、歴女なんて呼ばれたりもしてますよね。特に真田幸村はそういった戦国武将の中でも人気が高いらしいですもんね。この前テレビで言ってたのですが、江戸時代くらいから人気の武将だったみたいですね。(ここからはちょっとネタバレになるので、こないだの放送を見ていなくて、これから見る予定の方は読まないでくださいね。)主君武田家が滅亡して一つ間違えば自分たちも滅亡する状態になって、波乱万丈のスタートになりました。今後の展開も気になります。もっとよく真田家について勉強してから真田に行けばよかったとちょっぴり後悔しています。上田にも今度は行ってみたいですね。
at 18時26分 | コメント(0)

2016年01月09日

正月旅行 3

後ろ髪をひかれながらもあんまりいつまでもは合掌造りに見とれてはいられません。今日には帰らないと明日の仕事に間に合いません。お土産を見ていると5時。急いで帰ることにします。来る途中の高速道路で「白川I.C」という標識を見た気がしたのに白川郷に来るのにナビは違うインターから案内しました。ナビをセットするとやっぱり違うインターから入るように指示が出ています。すぐ目の前には「白川I.C」の案内看板。なんだか納得がいかないまま走り始めましたが、頭上にはナビにない道路が通ってます。どうやらナビが古く、自分の車のナビにはない新しい道があるようです。近くにスタンドを発見!ガソリンをべらぼうな値段で入れ、道を聞いてみます。どうやら飛騨高山までは、ナビでは1時間20分かかるところ、この新しい道を使うと40分くらいで行けるようです。来る時も知っていればもっとゆっくり合掌造りの家々を見れたのに・・・。そんなことを思いながら高山へ向かいます。高山にはどうしても今日の晩飯を食いたいお店があります。「CENTER4 HAMBURGERS」というハンバーガーショップです。少し前の事になりますが日本に来る外国人に人気のレストラン全国第二位のお店が飛騨高山のハンバーガー屋さんだとテレビでやっていて、こっちに来る機会があれば絶対に来ようと思っていました。急いで高山に戻りお店を探します。近くの駐車場に車を止め、お店に向かいます。どうやらお店は6時からのようで、10人くらいの人が並んでいます。そこに並び開店を待ちます。6時になりお店の人が出てくると「ご予約のお客様どうぞ」と言いました。10人くらいの人が店内に案内され、自分たちの後に来た人も含め6,7人が取り残されます。お店の人に「予約してないのですが、食べられますか?」と尋ねると「2時間くらいお待ちいただければ大丈夫だと思います」との返答。さすがに8時に案内され1時間くらい食事をすると9時。今回はあきらめました。次回行くことがあれば絶対に予約して行きます。もじ、行ってみようと言う方がいらっしゃれば、絶対に予約をして行くことをお勧めします。しょうがないので、高山ラーメンを食べて帰ることにします。あちこちに「高山ラーメン」ののぼりが出ているので、この辺のご当地ラーメンのようです。お店の外にまで人が待っている様子のラーメン屋さんを発見。早速入ってみます。10分くらい待たされたでしょうか、店内に案内されます。昔ながらの醤油ラーメンです。味も昔ながらの普通の味でした。急いで食べて帰りに向かいます。雪が無かったおかげで11時半には帰って来れました。今度は平湯温泉にでも泊まって白川郷をもっとゆっくり見て、「CENTER4 HAMBURGERS」で高山牛ハンバーガーを食べてきたいと思います。
at 18時10分 | コメント(0)

2016年01月09日

正月旅行 2

そして次の日。戸隠神社にでお参りしてお昼にそばでも食べようかなとゆっくり目に出発したのですが、急に、せっかく長野の奥の方まで来ているのだから合掌造りの白川郷まで頑張って行ってみようという気持ちになり、進路変更です。ナビをセットしてみると今いるところから白川郷へは、一度日本海側に抜けて海沿いを回るルートが表示されます。所要時間は4時間40分。そんなに遠いの!?イメージでは2時間半くらいだったのに・・・。でも一度合掌造りを見たいと思った気持ちは止まりません。しかも海回りはなんだかすごく遠回りに見えます。思い切って松本から平湯温泉を抜け、飛騨高山を通るルートで行ってみることにしました。上高地付近で雪が有ることを期待したのですが、どこに行っても雪なんてほとんど有りません。目的地は変更してもお昼ご飯にそばを食べたいのは変更できません。1時を過ぎたころでしょうか、蕎麦屋さんを発見!しかも看板に手打ちと書いてあります。車がほとんど停まっていないのが気になりますが、他に食べるところも見つからないので入ってみます。結果はつけトロ蕎麦を食べたのですが、この辺りは自然薯の名産地だったらしくおいしい蕎麦を食べることが出来ました。白川郷に着くと時計は3時。あわてて村営の駐車場に車をとめ、民家園という施設に入ってみました。合掌造りの家の中が見学できる施設です。藁ぶき屋根のややとがった屋根の日本家屋はどこか懐かしいような、それでいて外国の建物のような不思議な気持ちにさせてくれます。とても素晴らしいです。時間がないのが残念です。また、機会を改めてゆっくり来たいです。ほんとに素晴らしい景色でした。これで雪が有ればポスターなどで見かける素晴らしい景色なのになぁ。
at 17時36分 | コメント(0)

Copyrightc 北京浜自動車販売 All rights reserved.